トイレ水漏れのマニュアルをチェック!

水道業者さん徹底ナビHOME > トイレ水漏れマニュアル

トイレ水漏れマニュアル(水道業者さんの口コミや評判をチェック)

水道屋さんランキング

金メダル

住まいる水道

銀メダル

グローバルメンテナンス

銅メダル

クラシアン
洋式トイレのトラブル例
水回りのトラブルで使えなくなると最も困る場所がトイレです。洋式トイレのトラブルで最も多いのが水漏れです。トイレで水漏れが起こるのは便器からの水漏れ、 タンクからの水漏れ、給水管からの水漏れ、そしてウォシュレットの給水ホースやノズルからの水漏れです。洋式トイレの水漏れトラブルが起きてしまう一番の原因は、 老朽化によってパイプや便器、タンクなどにひび割れなどが生じて水漏れを起こすというものです。手洗い部分から水漏れを起こすこともあります。 トイレで水漏れが起こった場合には応急処置として、まず一番最初にしなくてはならないのが、止水栓を閉めることです。 とりあえず洋式トイレの便器への給水を止めることで、それ以上水漏れがしないようにしてから水漏れ箇所を確認することが必要です。 特に水漏れを起こしやすいトイレタンクを、外側や内側などからしっかりとチェックしてみます。中のパーツやずれ、 そしてパッキンの緩みなどが原因の場合には自分で対処することもできます。水漏れの原因が本体の破損だったり、原因が不明の場合には、 必ず水道修理のプロに頼むようにします。ウォシュレットから水漏れしている場合は、多くの場合自分で解決するのは難しいといえます。 同様にまずは止水栓を閉めて水の供給をストップさせてから水漏れ箇所を確認するようにします。 パーツから水が染み出ている場合市販のパッキンなどとの交換で対処できる場合もありますが、電化製品なので、 素人が修理して修復不可能な状態まで故障してしまった・・・といったことになる前に、やはりプロに修理を依頼するのが賢明です。 感電の危険性もあるうえ、例えば電気のコードに水がかかり家事になってしまったなどということが起こらない保証はないので、 できることならコードやコンセントに水がかからないように処置し、信頼できるプロの業者に修理を依頼するようにします。
和式トイレのトラブル例
和式トイレは比較的新しい住宅や施設ではあまり使用されなくなりましたが、今でも古い家屋や施設などには多く存在しています。 そうした古い家屋や施設に設置された和式トイレは、長期間にわたって稼動してきたことになりますので、 それだけトラブルも発生しやすくなっていると考えることができるでしょう。 和式トイレにおいて発生しがちなトラブルとしては、まずタンクの不調です。 タンクの横についているパイプなどで老朽化が発生した場合には水漏れが発生しやすくなりますし、内部についているフロートバルブが故障すれば、 便器の中に常に水が流れているというような状態になります。 一度水を流してから水がたまるまでにあまりにも時間がかかるというような場合であれば、ボールタップと呼ばれる部品が老朽化しているということが考えられます。 このボールタップという部品に関しては手洗い用のパイプから水が出ないというような場合にも、故障を疑うことができるでしょう。 また水を流すためのレバーがついているフラッシュバルブという部品も不調が発生しやすい部品です。 このバルブの中にはピストンやパッキン、ストレーナーなどが入っていますが、パッキンは長期間使用されることで弾力性を失い、水漏れが発生しやすくなります。 水道管に錆などが出ている場合にはストレーナーに錆やゴミが詰まってしまうことによって水が出なくなるなどのトラブルが引き起こされることになりますので、 注意が必要です。こうしたトラブルが発生した場合にはプロに修繕を依頼することとなりますが、原因さえわかれば個人で対応できるものもあります。 例えば先述のストレーナーという部品であれば、フラッシュバルブから取り外してブラシなどで汚れを落とせば応急処置ができる場合もありますし、 パッキンは同じサイズのものをホームセンターなどで調達し、交換することで修繕が可能です。 ですがこうした処置は行ったところで「応急処置」にしかならないこともありますので、自身で対処をしても症状の改善がなかったり、 何度も再発するというような場合であれば、専門業者に修繕を依頼することが必要となります。

役に立つガイド

  • 蛇口水漏れ修理マニュアル
  • 水道水漏れ修理マニュアル
  • トイレつまりマニュアル
  • トイレ水漏れマニュアル
  • 排水悪臭マニュアル
  • 水道屋さんの選び方
  • 水道屋さんの料金