トイレ詰まりのマニュアルをチェック!

水道業者さん徹底ナビHOME > トイレつまりマニュアル

トイレつまりマニュアル(水道業者さんの口コミや評判をチェック)

水道屋さんランキング

金メダル

住まいる水道

銀メダル

グローバルメンテナンス

銅メダル

クラシアン
洗面台の排水つまりの意外な原因
洗面台の排水の流れが悪くなったと感じたり、流れなくなってしまって排水つまりになってしまう事があります。 そんな経験をした事がある方も多いのではないでしょうか。 洗面台の排水口の多くは、その先がU字を描くように一度上に曲げられてから下に曲げられています。 なぜそのような形状になっているかというと、それにはちゃんとした理由があるのです。 排水口に水を流すと、ある程度の水がそのU字型の部分に溜まる構造になっているのです。 そして、それ以上の水が流れてくるとU字型から溢れてその先に流れ落ちていくようになっています。 こうする事で、常に排水口には水で蓋がされたような状態になり、先に繋がる下水道の悪臭を遮断しているのです。 水洗トイレの便器に水が常に溜まっているのも、これと同じような理由です。 排水口のU字型の部分は、このように大切な役目をしているのですが、水以外の物が詰まってしまう事もあります。 たとえ固形物でも、水流で押し流せるものはU字型に一時的に溜まっても流れていく事があります。 しかし、意外な物が流れていく事なくU字型部分にずっと留まってしまう事があります。 例えば、金属でできたヘアピンやプラスチックでできたボトルキャップなど、うっかり落としてしまった物などです。 落とした時には排水口に流れていってしまうので、仕方ないと思ってしまいます。 しかも水がその後にも詰まる事なく流れていくので、いつの間にかその事を忘れてしまいます。 しかし、落としてしまった物がU字型部分に留まって、そこへ髪の毛や細かい衣服の繊維などが絡んできます。 落としても排水つまりにならずに流れていくと思っていると、頻繁に物を落とすようになってしまう事もあります。 そうなると、複数の固形物が髪の毛や糸くずに絡み合って、U字型部分に溜まっていく事になります。 そして、ついには排水つまりを起こしてしまう事になります。
洗濯機の排水溝がつまるパターン
家庭に置いてある洗濯機自体は最近は驚くほど進化してきており、機能面での充実が図られている製品が多いです。 ただその基本構造に関しては、水道を投入する入り口があり、洗濯で使った水を排水する排水口があるというのが基本の構造であることは今も昔も変わりはありません。 特に洗濯機を所有している人なら一度は、その排水を流すべき排水溝つまりを経験した人も多いのではないかと言えます。 この排水溝つまりの原因には、まず考えられるのは靴下等の小物の洗濯物がそのまま排水溝に流れてしまい、 それが詰まったケースと積もり積もったホコリ自体が原因となるケースです。 ただ洗濯物が排水溝へ流れてしまうというのは、構造上稀でもあり、やはり多いのはホコリが配管内に溜まったケースです。 ホコリには、糸くずを始め髪の毛、土砂、紙くず等の物が排水溝のぬめりを生じているところに堆積されて塊になっていき、 それが排水溝つまりを引き起こしている訳です。 ぬめりの原因は主に洗濯洗剤ですが、特に粉タイプであるとその微粒の成分が配管の内部に張り付いたままとなるのでぬめりとなるケースが多いです。 実際に排水溝つまりが発生すると排水した水が逆流してきてしまい周辺に溢れてしまい、水浸しになってしまいます。 そして、洗濯槽に水がいつまでも流れないため溜まった状態になり、洗濯機のエラーもしくは故障に繋がるケースも多いです。 それ以外にも悪臭が周囲に漂い始めるケースも見られます。 大抵の場合は排水溝の入り口付近には、排水ネットが取り付けられており、それを通して排水をすることとなるのが一般的でその掃除をすれば解決することもあります。 しかし、排水溝の流れを良くしたいという理由から意外と機外のパイプを直接排水溝に繋げているケースも多いです。 それだと排水溝の配管内部の汚れが酷すぎることとなるので、排水溝のぬめりや異物等を除去する薬剤を使用するなどの方法を行う必要があります。 あるいは、水道業者に依頼して排水溝の清掃自体を検討した方が良いです。

役に立つガイド

  • 蛇口水漏れ修理マニュアル
  • 水道水漏れ修理マニュアル
  • トイレつまりマニュアル
  • トイレ水漏れマニュアル
  • 排水悪臭マニュアル
  • 水道屋さんの選び方
  • 水道屋さんの料金