水道の水漏れ修理のマニュアルをチェック!

水道業者さん徹底ナビHOME > 水道水漏れ修理マニュアル

水道水漏れ修理マニュアル(水道業者さんの口コミや評判をチェック)

水道屋さんランキング

金メダル

住まいる水道

銀メダル

グローバルメンテナンス

銅メダル

クラシアン
水漏れの種類
暮らしの中でも、水道は欠かすことが出来ない生活のインフラでもあり、トラブルが起こることも割と少ないですが、 長年使用していると老朽化等の経年劣化によって水漏れが発生することがあります。そういった水道のトラブルについては、 水道業者さんに解決の依頼を行うことが必要ですが、水漏れの種類を事前に利用者サイドで把握しておくことも重要です。 まず水漏れが起こる場所は、水道を主に利用する場所で、例えばトイレ・キッチン・お風呂・洗面台です。部品としては、蛇口、配管、 水栓等の水が出る部品や水が通る配管、ジョイント部品類となります。またトイレや給湯器などの水を溜めるタンクからの水漏れもあります。 そして、症状として多いのは、ポタポタと水が滴り落ちるケースです。つまり、配管のジョイント部分やタンクのジョイント部分のナットの締めが緩んで起こったり、 ナットを締める時にはパッキンが取り付いていますが、それに亀裂が入っていたりです。 特にジョイント部分のような結合部分は、物理的にも負荷がかかると弱いため、そこから水漏れの症状になることは多いです。 また配管に穴が開いてしまうといったケースも見ることがあります。金属で出来た配管では錆に弱いため腐食を起こし、 それによって配管に小さな穴が開いてしまう訳です。このポタポタと水が滴り落ちると非常にまずいという急迫した状況にはならないものの、 その水が溜まったりすると床等が徐々に水浸しになってしまうので、厄介な症状です。 そして、直ぐにでも解決しておかなければいけない緊急性のある症状としては、水が噴き出すといった症状です。 その症状は、配管に穴が開いてそこから配管内の圧力で水の勢いがあり、瞬く間に周囲を水浸しにしてしまいます。またタンクにひび割れが生じて、 その亀裂から勢い良く飛び出すケースも見られます。なおポタポタと水滴が滴り落ちることと水が噴き出すことの因果関係については、 前者の過程を通ってそれが酷くなり最終的には後者のような症状に至るケースもあります。その対応には、 水漏れになる原因箇所が必ずあるのでそれを把握して、その部分の部品を適切な方法で最新の部品に交換するという対応方法とることとなります。
水漏れ発見!電話する前にすべきこと
トイレから水漏れが!そんな時はどうしてよいかわからずおろおろしてしまいがちです。トイレでよく水漏れが発生するのは、便器やタンク、給水管、 そしてウォシュレットの給水ホースやノズルなどです。家の中の水回りの中でも、トラブルがあって使えなくなると最も困るのがトイレです。 こうしたトラブルが起こる一番の要因といわれているのが老朽化で、給水管やパイプ、便器などにひび割れなどの破損が生じて、 そこから水が漏れだすということが最も多くなっています。それ以外にもウォシュレットを設置してあるトイレも増えていますが、 内蔵の機器が故障してしまったことが原因で、ノズルから水が止まらなくなるというトラブルもあります。 そのままにしておくとトイレが水浸しになってしまうので、まずは落ち着いて修理業者に電話をする前にしなくてはならないのが、給水栓を締めることです。 応急処置として一番最初にしなくてはならないのが、水の元栓である止水栓を閉めることです。とりあえず便器への給水を止めて、 それ以上水が漏れないようにするのが何よりも先にしなくてはならないことです。特にトイレタンクからの水漏れは最も多いので、 水を止めたうえでタンク内や外側からもチェックしてみるようにします。 タンクの中のパーツがずれていたりパッキンが緩んでいたりするようであれば自分で部品を取り換えることができる場合もありますが、 原因として本体の破損などが考えられる場合には、無理やり自分で応急処置をしようと思わず、元栓を閉めて、 とりあえず水の漏れを止めてからプロに修理を頼むようにします。またウォシュレットから水が漏れている場合には、 電化製品のため感電の危険があったり、場合によっては火事になってしまうことも考えられます。 できることならコードやコンセントに水などがかからないよう処置をするにとどめ、修理は迷わずプロに頼むようにします。

役に立つガイド

  • 蛇口水漏れ修理マニュアル
  • 水道水漏れ修理マニュアル
  • トイレつまりマニュアル
  • トイレ水漏れマニュアル
  • 排水悪臭マニュアル
  • 水道屋さんの選び方
  • 水道屋さんの料金